スポンサーリンク

妊娠 歯の治療 胎児 影響

妊娠中は歯の治療をすることが出来ないと思われている方が少なくないようです。

しかし、実際は妊娠中でも歯の治療は可能なのです。

妊娠中に虫歯や歯周病があることでどのようなリスクがあるかご存知でしょうか??

妊娠中は女性ホルモンが増加するため
歯茎から出血がしやすい状態となり歯周病も悪化しやすくなります。

歯周病は30代後半を過ぎると、急激に進行し重症化すると言われており
高齢出産となる場合は特に注意が必要です。

意外と知られていませんが、虫歯と歯周病は感染症の一つです。

感染症ですから、胎盤を通して胎児へ虫歯菌や歯周病菌が感染することも...

さらに、重度の歯周病である場合は
原因物質が血液を通って全身に巡り、子宮を収縮させてしまい早産のリスクが急上昇。

歯周病を抱えている妊婦の早産のリスクは
歯周病でない妊婦の7.5倍と言われ、喫煙や飲酒および高齢出産による
早産のリスクと比較しても非常に高いのです。

妊娠中に歯の治療を受ける時期として最も適しているのは、妊娠5ヶ月~8ヶ月の安定期です。

麻酔やレントゲンが胎児に悪影響を与えるのではないか??
と心配される方がいらっしゃると思いますが
治療で使用する麻酔は無痛分娩に使われる局所麻酔と同じものですので
胎児への影響はありません。

そして、歯科医院で使われるレントゲンは
歯の部分だけの極めて狭い範囲を撮影するだけですし
レントゲンを撮影する際には
鉛でできたエプロンを着用して行われますので問題はありません。

ですが、歯科で診察治療を受ける際には必ず、妊娠中であることを告げる必要があります。

もしかしたら、医師が気付かずに通常の処置をすることも考えられます。

スポンサーリンク