スポンサーリンク

妊娠 予防接種 風疹

そろそろ赤ちゃんが欲しいと思っている方にはぜひ受けてもらいたい予防接種があります。

それは風疹の予防接種です。

風疹は母体から胎児に様々な影響を及ぼし、妊娠初期にかかると生まれてきた子供が
「先天性風疹症候群」にかかる確率が高くなります。

先天性風疹症候群には先天性心疾患、難聴、緑内障など様々な症状があります。

母体が風疹にかかっても100%先天性風疹症候群になるわけではありませんが
妊娠初期程発病しやすく、1か月で50%、2か月で35%、3か月で18%
4か月で8%発病すると言われています。

妊活中なら夫婦で予防接種を受けるのがベスト!!

風疹を予防するには予防接種を受けて体内に抗体を作ることが一番です。

女性はもちろんですが、男性がかかり女性にうつすことも多くあるので
男女ともに受けるのがベストと言えます。

ただ風疹のワクチンは生ワクチンで少量のウィルスを注射することになるので
妊娠中は受けることができません。

また予防接種を受けてから2か月は避妊が必要です。

そのため妊娠を望む夫婦は早めに受けた方が安心です。

特に昭和54年4月1日以前に生まれた女性の方は中学で集団接種があったようですが
男性はなかったので要注意です。

また昭和54年4月2日から昭和62年10月1日生まれの方達は
男女ともに医療機関での個別接種だったため個人的に確認が必要です。

それ以降に生まれた方は一度は予防接種を受けていると思われますが
幼少期に受けていたとしても体内に十分な抗体が作られていなかったり、
年月が経って抗体が減少したりすることもあります。

一度風疹にかかったらもう大丈夫と言われていますが、
検査を受けていない場合は実際は風疹ではなかったということも多くあります。

風疹の予防接種は体内に抗体がある人が受けても副作用などはありません。

子供を望むご夫婦は早めに病院で抗体検査を受ける、
もしくは予防接種を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク