スポンサーリンク

超高齢出産 障害 芸能人

高齢出産の赤ちゃんのリスクを低下させるには、葉酸サプリが心強い味方になってくれます。

見た目年齢が若い女性が、今の時代はとても増えています。

ですが遺伝子的には数字で35歳を過ぎた出産には

リスクが付きまとってしまうという真実があります。

高齢出産は35歳を過ぎて初産となる場合をいい、

50歳を過ぎた出産を超高齢出産と、世間一般では呼ばれます。

超高齢出産した芸能人の方がニュースになっていることも多いので
ご存知の方も多いです。

眞鍋かをりさん、蜷川実花さん、いとうまゆさん、井上和香さん、蛯原友里さん、松たか子さん
など高齢出産を経験された芸能人は多く存在します。

また、超高齢出産を経験された方と言えば、坂上みきさんが有名だと思います。
坂上みきさんは出産時は53歳だったようです。

葉酸はこうした障害児出生のリスク低減になりますし

妊活をサポートして妊娠率を上げる作用もあります。

年齢的に妊活をしても大丈夫かという不安はあったとしても

妊娠、出産のために何ができるかを考えましょう。

妊活中の葉酸摂取における最大のメリットは

障害児出生のトラブルの低減。そして妊娠率の向上です。

高齢出産においては事実的にも、デメリットが存在していますのでしっかりと把握しましょう。

超高齢出産、高齢出産における具体的なデメリットとしては

・流産や難産の可能性は極めて高くなる

・母体的には高血圧や体のむくみが生じやすい

・そもそも、妊娠しづらい

・妊娠した場合の染色体異常が生じやすい(先天障害)

しかしいずれのデメリットに関しても、厚生労働省が推奨する葉酸サプリを活用し

適正量の葉酸を摂取をすることで

染色体異常は数字的にも72%も低減できるという報告があります。

超高齢出産における染色体異常のリスク低減には

葉酸の摂取が必要不可欠である。と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク